MSSは下記のメンバーで運営を行っています。
※並びは担当業務別

間聖次朗(声楽・ダンス)

★MSSプロジェクトの統括責任者

藝大声楽科を卒業し、現在はミュージカル俳優として活動中。子役時代には劇団四季ライオンキングで「ヤングシンバ」を務め、学生時代には甲子園大会での国歌斉唱なども経験、卒業後はミュージカルやコンサートを中心に活動し、2021年はついに自身の脚本・演出によるミュージカルの自主公演が決定。

その行動力でMSSの事業全体をけん引し、自身が担当する個人・団体レッスンでは、明日のミュージカルスターを夢見る後進を指導、既に超有名ミュージカルの主演級子役を多数輩出中。※詳細が知りたい方は個別にお問合せ下さい。

間聖次朗の歌唱・演技・ダンスレッスンへのお問い合わせはこちら

神原颯大(ピアノ・作曲)

★MSSソルフェージュのチームリーダー

藝大作曲科を卒業し、現在は同大学院修士課程作曲科を専攻。学業の傍らクラシックの王道から近代曲、自作曲までを盛り込んだピアノリサイタル等を開催、作曲家としての評価だけでなく、仲間からの人望も厚いMSSソルフェージュのチームリーダー

MSSでは作曲チーム(神原、天野、林)を率い聴音課題等の制作を担当、個人レッスンでは自身が持つ作曲科、演奏家、双方の視点を活かし、楽曲分析や和声などの指導を行います。

神原颯大の作曲、ピアノレッスンへのお問い合わせはこちら

泉野有香(フルート)

★ソルフェージュ講義担当

藝大フルート科卒。幼少期からピアノ、フルート、声楽を始め、全日本学生音楽コンクール全国大会第3位など賞歴多数。現在は演奏活動のほか、私立高校の音楽科講師など後進の指導にも携わる小中高生指導のエキスパート

MSSではソルフェージュの講師を担当するほか、現役の音楽科講師の目線を活かした受験対策の指導、専攻のフルートやリコーダーなどの個人レッスン等を行っています。

泉野有香の「楽典・ソルフェージュ」「フルートレッスン」等へのお問合せはこちら

天野由唯(ピアノ・作曲)

★ソルフェージュ聴音課題等の作曲を担当

藝大3年次作曲科在学。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会多数入選・入賞。第21回ショパン国際ピアノコンクールinASIA大学生部門アジア大会銀賞。ヤマハピアノ演奏グレード2級、指導グレード3級(ともに現在の最上級)取得。フリーランスとして多数の作曲・編曲依頼にもお応えしています。

MSSではソルフェージュの聴音課題の作曲を担当するほか、ピアノの演奏指導や、楽曲分析レッスン(楽器問わず)等の個人レッスンも行っています。

天野由唯の「ピアノレッスン」「楽曲分析レッスン」等へのお問い合わせはこちら

林梨花(ピアノ・作曲)

★藝大3年次作曲科在学、ソルフェージュ聴音課題等の作曲及び、講義を担当する新メンバー

MSSでは作曲チームの一員として課題の作成に取り組みます。多忙につき現在は個人レッスンの受付を行っておりません。

石井里佳(ピアノ)

★現在ポーランド留学中。ソルフェージュ聴音課題の録音などを担当

藝大ピアノ科を卒業し、現在はポーランド国立ショパン音楽大学修士課程に在学中。ショパン国際ピアノコンクールin Asiaアジア大会金賞など賞歴多数。ポーランド音楽を現地で学ぶ傍ら、オンラインにてMSSの活動に参加しています。

石井里佳のオンラインレッスン「はじめてのピアノ」「本格ピアノ」についてのお問い合わせはこちら

青島周平(ピアノ)

★現在パリ留学中。ソルフェージュ聴音課題の録音などを担当

藝大ピアノ科を卒業し、現在はパリ国立高等音楽院に在学中。かながわ音楽コンクール高校生の部、最優秀賞・神奈川新聞社社長賞(準大賞)など賞歴多数。音楽院で和声や楽曲分析などの知識アップグレードに取り組みながら、ピアノの個人レッスン等も行っています。

海外在住のため現在は国内での個人レッスンの受付は行っておりません。

植松優(ヴァイオリン)

★MSS創立メンバーの一人、オンライン・対面での個人レッスンを担当

藝大ヴァイオリン科を卒業し、現在は同大の修士課程に在学中。第15回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽部門最高位入賞など賞歴多数。オーケストラや室内楽、ソロなどの演奏活動をしています。

個人レッスンは子供から大人の方まで初めてヴァイオリンに触れる方へ向けたレッスンをメインに行っています。

植松優の「ヴァイオリン」「楽典」レッスンへのお問い合わせはこちら

尾城杏奈(ピアノ)

★MSS創立メンバーの一人、主に音楽家としてMSSの活動に参加

藝大ピアノ科を主席で卒業(卒業時)、2020年には国内最高峰と言われる「ピティナ・ピアノコンペティション」にて第44回特級グランプリ及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞を受賞

コンサートやメディア出演など音楽科としての活動が多忙を極めるなか、MSS主催のコンサート等の開催時には積極的に参加をしています。

スケジュールの都合により、現在は個人レッスンなどの受付については休止しています。

森下邑里杏(チェロ)

★主に音楽家としてMSSの活動に参加

藝大器楽科卒業し、現在は音楽科として活動中。福岡県高等学校音楽コンクール弦楽器部門グランプリ受賞、全九州高等学校音楽コンクール弦楽器部門金賞、全日本学生音楽コンクールチェロ部門全国大会入選など賞歴多数
☆BS『恋するクラシック』、Eテレ『らららクラシック』、フジテレビ『さんまの東大方程式』出演

スケジュールの都合により、現在は個人レッスンなどの受付については休止していますが、MSS主催のコンサート等の開催時には積極的に参加をしています。